おとなグループについて

おとなグループは、20年のナイトレジャー産業(風俗)で培ったノウハウと実績に健康サービスを組み合わせた
業界初となる次世代型ハイブリッドサービスを開発し、様々なコンセプト店舗を運営するグループです。

伸び続ける健康需要

2020年には1.5倍、2025年には現在の約2倍まで拡大

平均寿命の向上、少子化などの背景から日本は現在超高齢化社会に直面し、国策・自治体の活動により、今後ますます健康産業の発展が見込まれています。 医療・介護、医薬品、医療費機器を除く市場規模は約17兆円、うち健康寿命延伸産業分野では約4兆円。

セルフメディケーション(自分自身で健康管理、疾病、治療すること)の一貫としての回春マッサージ、性感マッサージを必要とする利用者の拡大に期待でき、男性として精神的なゆとり・活力に溢れた高齢者層から習慣的な利用機会を獲得することが見込まれます。

利用者の高齢化

高齢者獲得施策店舗のみが生き残る時代

最近メディアで目にする機会が増え始めた「若年層の性離れ」が進む一方で、ナイトレジャー産業の主役(主な利用者)は、ポスト団塊ジュニア世代(32~41歳)団塊ジュニア世代(42~45歳)バブル世代(47~51歳)の高齢層となり、健康産業(医療技術・食生活向上など)の発展により平均寿命が延び、元気な高齢者がますます増え続けると言われています。

ナイトレジャー産業の主な利用者は高齢者が中心となり、それらの背景に適した店舗のみ生き残り発展を続けて行くことが予想されます。

利用者の年代比率

風俗サービスではなく健康サービスの提供

真似できない業界初の"ハイブリッドサービス"を開発

健康需要の拡大、利用者の高齢化、類似サービス提供店舗分析、などを踏まえ、ヘルスケア産業で活躍する各分野の専門家(理学療法士・パーソナルトレーナー・エステティシャン・セラピスト・鍼灸師・健康管理アドバイザーなど)の協力により、本物の知識と技術を融合させたサービスを提供する店舗を運営し、今後数年でますますの出店を予定しています。

従来型の風俗店とは異なり、おとなグループは身体的負担や性病感染リスクが無いにも関わらず、確かな知識と技術を身に付けることで、経験・知識や女性としての魅力(容姿・スタイル)に左右されることなく、働く全ての女性が一定上の高収入を得られる次世代型の店舗となります。

ハイブリット領域

健康産業の第一線で活躍する各分野の専門家の強力なサポート体制で
生涯財産となる知識と技術が学べる環境をご用意しています。

講習・学習環境

社内グループ講習・外部講師による特別講習

未経験の方も安心して学べる体制として社内グループ講習会を定期的に開催しております。 専門的な知識と技術の習得には、外部講師として各分野の専門家を招き、特別講習会を開催し、生涯財産となる知識と技術を身に付けていただけます。

(補足)店舗拡大に応じ、ますますの研修プログラム充実を予定しています。

社内グループ講習・外部講師による特別講習

パーソナルトレーナー,ピラティス・ヨガ,食育・人体構造学,ストレッチ

パーソナルトレーナー,ピラティス・ヨガ,食育・人体構造学,ストレッチ

20年の運営実績

おとなグループはオープン間もない新規店舗になりますが、運営母体となるグループでは、大阪・東京・京都・横浜・熊本での積み重ねてきた運営実績(最盛期34店舗、現在は25店舗)があります。

これまで多くの女性やお客様と関わり培って来た知識やノウハウを存分に活かし、新ブランドおとなグループを通じ、新しい形で社会貢献を目指しています。

20年間で延べ10万人以上の女性に関わり多くを学びました

政府の執り行う子育て支援制度・就業支援制度などの規定に該当しないことで生活苦に悩む女性も多く、ナイトレジャー産業には様々な事情を抱えた女性の社会的セーフティーネットとして役立てる側面が多くあると考え、私達はそうした社会的背景の中で女性が本当に必要とする生活支援対策に向き合い、多くの実績を残してきました。

その根底には、少しでも多くの女性が笑顔で居られる時間を増やせるように、幸せに過ごせるようにと言う願いが込められています。